血糖値を下げる方法ってどうやるの?【糖尿病との関係性を知る】

血糖値を下げる方法を知ることで糖尿病になるリスクが下がる!

血糖値を下げる方法ってどうやるの?【糖尿病との関係性を知る】

病院

血糖値とは

血液の中にはブドウ糖と言われる成分が含まれています。そのブドウ糖の濃度を測り数字で表すのが血糖値なのです。血糖値を測るときは、お腹が減っている状態、つまり空腹時に測ります。空腹時の血糖値は約90mg/dlから100mg/dlで、食後2時間以内に測った場合は約120mg/dl未満と言われています。食後に血糖値が高くなってしまうのは、食事に含まれている糖を吸収してしまうせいと言われているため、ある程度の数値なら問題ありません。しかし、正常値よりも高い数値が出た場合は糖尿病になっている可能性が高いため再検査、もしくは治療を受ける必要があります。そのため、高い数値が出た人は体質改善や生活習慣の改善をしましょう。

糖尿病との関係

血糖値が高い人は、糖尿病のリスクも高くなってしまいますが合併症を引き起こすリスクも高くなってしまいます。たとえば、「がん」など悪性腫瘍が体内にできることで、酷い場合は死を招いてしまう病気などもその1つです。血糖値が高くなると、血液の流れが悪くなってしまい、血管が詰まる・血液循環が悪くなるといった症状の原因になると言われているため数値が高い人は、血糖値を下げる方法について調べる必要があります。しかし、血糖値は高くても低くてもカラダの負担になってしまうため、正常な数値をキープするようにしましょう。

血糖値を下げる方法【運動・食品編】

  • ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動
  • エアロバイク
  • 水中散歩
  • 食物繊維の多い野菜類
  • 海藻
  • キノコ
  • お酢
  • オリーブオイル

楽しめるように工夫する!

血糖値を下げる方法として、運動やカラダに良いと言われている食品を調べたとしても、続けることができなければ意味がありません。そのため、楽しみながら気をつけるといった工夫をすることが大切です。毎日同じ有酸素運動を続けていると飽きてしまうため、1日置きに運動方法を変えたり、使っている食材を変えたりしながら挑戦してみましょう。